諸事情により画像を削除しました。

>アニメに登場したメ - 二次元裏@ふたば(img)
☆ お気に入りに登録する


1 : 2019/03/16 16:46:22 No.576604230

>アニメに登場したメインデッキのB・Fは貧弱なステータスが多いが、例外的にこのカードのみ下級アタッカークラスのステータスを備えている。
>使用者のシンジも、このカードを使用する際はステータスではなく、「倒れても仲間がすぐに駆け付ける」と効果の方を意識した言い回しでコモンズに呼び掛けている。
wikiの時々あるアニメ描写の解説好き

2 : 2019/03/16 16:49:11 No.576604726

極神皇トールのページのアニメの解説が好き
こいつのバーンだけで5600ライフ削ってるとか

3 : 2019/03/16 16:54:43 No.576605800

一撃必殺!居合ドローの情報量が多い…!

4 : 2019/03/16 17:00:36 No.576606980

よくあるモブの散らしたカードの中に入ってるとかの情報は毎回よく調べてくるな…って思う

5 : 2019/03/16 17:03:24 No.576607544
☆13

>「乃亜編」の回想シーンにおいて、海馬がモクバに株の仕組みを計100枚のカードで説明する際に使用している。

6 : 2019/03/16 17:05:07 No.576607868

初期のバニラの文章読むの好き
色々サポートカード増えたから実用的?な文も増えたけど

7 : 2019/03/16 17:07:54 No.576608395 1

・なぜ僧侶にバイオテクノロジーが必要なのか、そしてなぜ天使族なのかなど、数々の謎を秘めている。

8 : 2019/03/16 17:08:33 No.576608522 1

この時この効果を発動してれば有利になっていたのに何故か使わなかった
って状況結構あったんだね

9 : 2019/03/16 17:08:47 No.576608581
☆7

>>「乃亜編」の回想シーンにおいて、海馬がモクバに株の仕組みを計100枚のカードで説明する際に使用している。
これと万丈目の井戸

10 : 2019/03/16 17:10:12 No.576608896

>この時この効果を発動してれば有利になっていたのに何故か使わなかった
>って状況結構あったんだね
逆に「一概にプレイミングミスとも言い切れない」的にフォローされてるのも結構ある

11 : 2019/03/16 17:15:14 No.576609927 1

用語のページに原作・アニメにおいての部分あると何か嬉しい

12 : 2019/03/16 17:15:57 No.576610080

ダークネスの影響で黒くなったカードを燃やすのもよく見るけどいざ探すと見つからない

13 : 2019/03/16 17:16:02 No.576610091

海外未発売カードだが遊戯王オンラインでは○○という英語名が与えられている。

14 : 2019/03/16 17:16:24 No.576610176

>用語のページに原作・アニメにおいての部分あると何か嬉しい
「残存効果」のページが好き

15 : 2019/03/16 17:26:34 No.576612152

>・なぜ僧侶にバイオテクノロジーが必要なのか、そしてなぜ天使族なのかなど、数々の謎を秘めている。
フレーバーテキスト絡めてくるのずるい

16 : 2019/03/16 17:30:11 No.576612868
☆3

>マッハ0.7(時速約850km)で銅鑼が飛行する姿は確かに驚愕すべきである。
>だが一番の疑問は、何故そこまでして銅鑼を戦闘用に改造しなければならないのかということだろう。

17 : 2019/03/16 17:30:59 No.576613024

アカデミアで不具合起きたカードと海馬がトレードに出したカード

18 : 2019/03/16 17:34:38 No.576613743

究極龍って散々な言われようだけど
夜行戦のあれは結果的に敗因になっただけで別に無駄な融合召喚というわけではないんですよ…

元スレッド:http://img.2chan.net/b/res/576604230.htm

関連記事 [もっと見る]


☆ お気に入りに登録する
スレURL変換

スマートフォン用サイト
当サイトについて

ふたばログサイト管理人:ふたふた

当サイトは双葉ちゃんのログを収集しています。
収集開始は2015年12月01日です。

画像は取得した画像をモザイクで表示、管理人が目視でチェック後、モザイクが外れるようになっていますので、モザイクがかかっているスレッドが表示されましたら、 申し訳ありませんがお待ちください。

お問い合わせ・追加要望はこちら


タイトル

コンテンツを記述します。