ふたばログサイトのエロ画像収集サイト出来ました→ふたばエロ画像ちゃん
iPhoneのアダルト広告が気になる方は提携アプリをご利用下さい。(広告少なめ)→ WEBM対応ブラウザアプリ

ガルパンSS・姉の異 - 二次元裏@ふたば(img)
☆ お気に入りに登録する
画像レスのみ表示する

1 : 2017/09/05 22:52:18 No.451045997

1504619538086.png[画像通報]

ガルパンSS

・姉の異常な愛情 または如何にして西住まほは戦車道に対して意義を感じる様になったか

これまで
su2010606.txt
su2010609.txt

2 : 2017/09/05 22:52:53 No.451046142 1

第五話 【また戻ってくるさ】 下

-4-

「……」
「……」

会場を後にした私は隊長と無言で歩いていた。
そっと隣を歩くまほの姿を見る。
その表情にも立ち振る舞いにも些かの同様も見られなかった。
しかし、反応に一切の変化が見られない事がむしろ隊長の内心を如実に表しているのではないだろうか?

3 : 2017/09/05 22:53:23 No.451046264

「……あっ」

そんな中で視界に一軒の店が入ると、私は思わず声を零してしまった。

『戦車喫茶』

それは去年に私と同じ様に副隊長として隊長と一緒に抽選会に赴いたみほから土産話として聞いた店であった

4 : 2017/09/05 22:53:58 No.451046443

『帰り道で戦車喫茶という店を見つけたの。
面白いなぁ珍しいなぁって見てたらお姉ちゃんが寄りたいのか?って聞いてきてね。
そんなに物欲しそうな目で見てたのかなって恥ずかしくなっちゃって。
そうしたらお姉ちゃんは「私が寄りたいんだ。付き合ってくれないか」って笑いながら聞いてきてね。
それで好きなものを食べるといいって言ってくれてね。凄く美味しかったの。
呼び出し音も戦車の砲撃音だし、ケーキもドラゴンワゴンが運んできてくれて面白かったなぁ』

みほは嬉しそうに、楽しそうに語ってくれた……。

5 : 2017/09/05 22:54:13 No.451046509

『今度、エリカさんも一緒に行こう!』

「……寄りたいのか?エリカ」

私ががぼうっと見ていると隊長が声をかけてきてくれた。

「……」
「……私が寄りたいんだ。付き合ってくれないか」

黙っている私をどう思ったのか。
ひょっとしたらあの時のみほと同じ様に恥ずかしがっていると思ったのか、笑いながらそう私に言ってくれた。
そう、笑いながら。
そこに決して疲れたような自嘲するような笑みではなく……そう、昔にみほと一緒にいた頃に良く浮かべていた笑顔がそこにあった。

「……はい!」

6 : 2017/09/05 22:54:36 No.451046612

私は久しぶりに心が躍るのを自覚した。
……何かを楽しいと感じたのは久々だ。

そう思いながら隊長と一緒に戦車喫茶の入り口をくぐる。
なるほど内装は確かにみほが昔語ってくれた通り中々面白い。

「好きな物を食べるといい」
「いいんですか?」
「ああ、普段からエリカは頑張っているからな。
 これぐらいはさせてくれ」
「……はい!ご馳走になります!」

隊長が私の頑張りを労ってくれる。
誰よりも認めて欲しかった人が認めてくれている
その事実が私の心を更に軽くさせてくれた。

7 : 2017/09/05 22:55:07 No.451046758

奥の席に着席し、隊長が注文を決めたのを確認してテーブルに置かれている戦車の形をした呼び出しボタンを押す。
これもみほが言った通り、ドカンとおおきな戦車の砲撃音が鳴った。
直ぐに定員が来て注文をとり、程なくして戦車の形をしたケーキをドラゴンワゴンが運んできた。
これもみほの話通りだ。

「面白い店ですね」
「ああ、私はこういった店には疎い物で去年に来た時はこれが普通だと思ったんだが、どうやら違うようでな。
 別の店に行った時に少し恥を掻いてしまった事もあった」
「……それは…」

思わずその様子を想像してしまい、私はついクスクスと笑ってしまった。
無礼だったかと思ったが隊長も同じ様に笑ってくれた。

8 : 2017/09/05 22:55:28 No.451046846

「だがケーキの美味しさも特別だった。
 さぁ、食べよう」

そう言われて私は隊長と同じようにフォークでケーキを口に運んだ。
確かに美味しい……。

9 : 2017/09/05 22:55:49 No.451046949

これもみほの言ったとおりだ……。

10 : 2017/09/05 22:56:06 No.451047018

涙が滲んでくる。
何故だろうか。
楽しい筈なのに。
嬉しい筈なのに。
隊長と一緒にこんな所に来て二人で雑談をしながらケーキを嗜む。
普段なら舞い上がってもおかしくないくらいなのに。
それでも私は心の何処かで思っているのだ。
一緒に来たかったのは隊長ではなくみほだったんだ……と。

11 : 2017/09/05 22:56:33 No.451047160

そんな私に隊長は何も言わないでくれていた。
多分、何となく私のこの本音も察しているのだろうと解った。
その上で私をそっとしておいてくれている事に感謝した。

そろそろ帰ろうかという隊長の言葉で席を立ち、入り口付近のレジに進もうとした時であった。
店内の雑多とした声の中で、微かに聞きなれた声を聞いた気がした。
幻聴かと思いながらその方向に視線をやると、そこには、みほが、いた。

12 : 2017/09/05 22:56:49 No.451047223

私の知らない制服を来て、私の知らない子達と、
私が知っている笑顔……あの決勝戦前日に小梅と浅見と斑鳩先輩と一緒に鍋をつついていた時の笑顔を浮かべて私と一緒に来ようと約束したこの場所に……

13 : 2017/09/05 22:57:07 No.451047308

「副隊長……?」

気づけばふらりと足動いていた。

「ああ、元……でしたね」

私に気づいて此方をあの子が見る。
何でそんな目で私を見るのだ。

14 : 2017/09/05 22:57:25 No.451047386 1

「無様な戦いをして西住流の名を汚さないようにね」

私の口は止まらない。
傍にいた二人が立ち上がってあの子を庇う。
本当に……誰にも好かれる子だ。

「無名校の癖に……。
 この大会はね、戦車道のイメージダウンになるような学校は参加しないのが暗黙のルールよ」

それ聞いて茶色のウェーブがかかった方の子が「貴方達と戦ったら絶対に負けないんだから!」と言って来た。
この制服を着た私達にそれだけの啖呵を叩けるのだ。
本当に戦車道を見た事も聞いた事も無い初心者なのだろう。

15 : 2017/09/05 22:57:44 No.451047477

「……ふん、頑張ってね」

それを最後に私たちは店を出る。
視界の端には最後まで俯いているあの子の姿があった。

16 : 2017/09/05 22:58:16 No.451047618

-5-


帰路へと歩く二人は戦車喫茶に入店する前のように無言であった。

「エリカは……」

そんな中で先に口を開いたいは隊長であった。

「申し訳ありません!
 黒森峰副隊長であるに関わらず、あの様な見苦しい態度を見せてしまい……」

17 : 2017/09/05 22:58:36 No.451047707

「エリカは……人が団結する上において最も必要な物は何だと思う?」

隊長の前でみほにアレだけの嫌味を言ったのだ。
先程の態度を叱責されるかと思った所に思いもよらぬ質問をされてエリカは戸惑った。

18 : 2017/09/05 22:58:53 No.451047781

「人は必ず排他的な要素を外に持って集団を作る。
 小は所属する組織、住んでいる地域、同じ趣味や好み等。
 大では人種や国家。
 自分と共通するカテゴリーを持つ者同士で集団を形成し、更にその中で小カテゴリーを築いてより濃い関係の集団を形成する。
 同じ国に住む者に他国人より親近感を覚え、その中で更に同じ学校に所属する者を、更に同じ科、同じ学年、そして同じクラスといった具合に。
 その中で最も人が団結する上で必要な物は……」

「敵……ですね。
 共通する敵を持ってこそ人は強固に団結できます」

19 : 2017/09/05 22:59:09 No.451047839

「そうだ、ましてや出会って間もない間柄なら特に必要だろう。
 殊更に敵対心を煽り、共通した目的意識を持たせるような敵が……」

「……」

「……みほの為にありがとう。
 辛い事をやらせてしまったな……」

「…………」

20 : 2017/09/05 22:59:29 No.451047918

駄目だ、堪えなければ……。
こんな所で隊長に涙を見せたくはない。
しかし……見抜かれてしまった。
あんなみっともない子供染みた心を。
そして…気づいてくれた。
私の真意を。

「……みほは戻ってきてくれたんですね」
「……ああ、そうだな」

隊長は私の頭を一撫でし、私達は再び歩き出した。

21 : 2017/09/05 22:59:45 No.451047973

……ただ、一つだけ気になった点がある。
隊長の返事が何処か躊躇を感じられた。
……だとするならば、いったいどういう事だろうか?
隊長にとって……まだみほは戻ってきていないのだろうか?


   -了-

22 : 2017/09/05 23:00:02 No.451048037 1

『I'll be back.』
 (「また戻ってくる」)

    映画「The Terminator(邦題:ターミネーター)」(1984)より

23 : 2017/09/05 23:03:28 No.451048858

健気なやつ

24 : 2017/09/05 23:04:07 No.451049033

これエリカ重くない?
大丈夫?

25 : 2017/09/05 23:04:08 No.451049037

エリカさんはいい子だね……

26 : 2017/09/05 23:06:46 No.451049729

良い子過ぎて「良い人」で止まりそう

27 : 2017/09/05 23:14:29 No.451051820

スレ画お姉ちゃんのおっぱいでかいな!

28 : 2017/09/05 23:18:00 No.451052760

望んでいやなやつになったやつ

29 : 2017/09/05 23:21:39 No.451053853 1

>映画「The Terminator(邦題:ターミネーター)」(1984)より
だから
次は無愛想ながら肩を並べて闘うやつ
その次は進むべき道へ導くやつ
になるはずなんだ…

30 : 2017/09/05 23:25:17 No.451054944

あのぉこんなこと言っちゃあなんだけど
続きのイツミネーター2が読みたいです

31 : 2017/09/05 23:25:49 No.451055067 1

ダーみほifの続きもありましたら嬉しいな…

32 : 2017/09/05 23:32:32 No.451056802

決勝戦の後のみぽりんの「はい!」を聞きながら親指を立てるやつと小梅と浅見と斑鳩
(とTVで見てた中舎)

33 : 2017/09/05 23:34:24 No.451057321 1

>だから
>次は無愛想ながら肩を並べて闘うやつ
>その次は進むべき道へ導くやつ
>になるはずなんだ…
その理屈だと一つ前の話は長年連れ添ってもう直ぐ人生を終えるエリカとみほの思い出話になってしまう…

34 : 2017/09/05 23:35:00 No.451057476

>ダーみほifの続きもありましたら嬉しいな…
あれの続きどうするんだろう……

35 : 2017/09/05 23:36:11 No.451057769

表向きには今まで通りで二人きりになるとご主人様と犬の関係になるダーみほ
とそれを知っているペコ

36 : 2017/09/05 23:37:22 No.451058052

ダー様の前で見せつける様にローズヒップを可愛がった後に「ローズヒップさんは素直で可愛らしいですね。……乗り換えちゃいましょうか」と聞こえる様に言うみぽりん

37 : 2017/09/05 23:39:30 No.451058554

>その理屈だと一つ前の話は長年連れ添ってもう直ぐ人生を終えるエリカとみほの思い出話になってしまう…
そこはあれだ…長年黒森峰で連れ添った2人がお互い違う場所で歩みつつもいつか再び交わるみたいな感じでどうか一つ

38 : 2017/09/05 23:40:53 No.451058856

マジですの!

39 : 2017/09/05 23:40:59 No.451058884

> 『Rosebud.』
>(「薔薇の蕾」)

>映画「Citizen Kane(邦題:市民ケーン)」(1941)より
こっちの方がお姉ちゃん的にもっとやばい話になってしまう…

40 : 2017/09/05 23:45:25 No.451059952

>【また戻ってくるさ】
「よくもおめおめと…」
「戻って来たよエリ見さん!」
「…服を着なさい」

41 : 2017/09/05 23:46:17 No.451060162

タイトル見た時は気づかなかったけど言われてみればなるほど

42 : 2017/09/05 23:47:31 No.451060455

電光と共に例のポーズで現れる全裸みぽりん!

元スレッド:http://img.2chan.net/b/res/451045997.htm


☆ お気に入りに登録する
画像レスのみ表示する
スレURL変換

レス数人気スレッド(24時間)
注目スレッド(レス勢い)
スマートフォン用サイト
当サイトについて

ふたばログサイト管理人:ふたふた

当サイトは双葉ちゃんのログを収集しています。
収集開始は2015年12月01日です。

画像は取得した画像をモザイクで表示、管理人が目視でチェック後、モザイクが外れるようになっていますので、モザイクがかかっているスレッドが表示されましたら、 申し訳ありませんがお待ちください。

お問い合わせ・追加要望はこちら

タイトル

コンテンツを記述します。